週刊連載解説

【あやかしトライアングル】第24話 妖の落しもの 【画像付きネタバレ感想】

更新日:

記事読了の所要時間:約3分程度




やっと本誌に追いつきました!
リアルが忙しくなるとなりがちですね……

そんな本ブログも開設から1周年となりました!
早いものですね……そしてなんだかんだ続けられてよかったです。

ひとえに見に来てくださる方がいるからこそ続けられたものだと思います。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします!

というわけで、2021年第一号のあやかしトライアングル、感想・考察記事に移りたいと思います!

前回の記事はこちら↓

■妖の王となったすずの日常は変化し……

前回晴れて近隣の妖たちからシロガネの代わりに妖の王となることを認められたすず。

今回は早くも困っている妖を救うこととなった。
成績不振により、ルーとともに学校で補習を受けていたすずがぼぉーっとしていると……

机の脇からはたと声をかけられる。

突如現れた妖
(第24話 妖の落としものより)

大切なものをなくしてしまい困っているという妖の声に、授業を受けている今は応えることができない、とすずは一度断る。

しかし、突如現れたシロガネ曰く「こいつにとっては生命にかかわる事態」だと言われ、仕方なく協力することにする。

すずは自身を妖体として分離する術「オモカゲ」を利用し、二人に分身して教室から抜け出した。

すずは妖術「オモカゲ」を自在に操るようにできるようになった
(第24話 妖の落としものより)

その妖は、木陰で昼寝をしていたところ、近くに置いていた大切な小豆を失くしたのだという。
「誰かに持って行かれたのかなぁ」と呟くすずに対して、大げさにも悲鳴を上げる妖。

悲鳴をあげる小豆はかり
(第24話 妖の落としものより)

その妖の正体は「小豆はかり」
小豆がなくなればアイデンティティを失ってしまうため、じきに消えてしまうというのだ。

急いで見つけなければと校内を走り回るすず。
途中ヤヨにその姿を見られてしまい、苦笑いでやり過ごそうとするすず。オモカゲは人の姿なので一般人にも認識されてしまうのだ。

同時に、動かしているすずも同じように動く傾向があるようで、浮かべた苦笑いは一緒に補習を受けているルーにも見られてしまっていた。

離れた位置のヤヨルーに同時に会うという離れ業
(第24話 妖の落としものより)

すずが必死に妖の王としての職務に奔走する一方、祭里は宗牙を校舎裏へと連れ出していた。

すずの現況を宗牙に伝えると、同時に、
この前の一件を通して、すずを好きであることを自覚したと宗牙に伝える。

生真面目に自身の心境を告白する祭里
(第24話 妖の落としものより)

しかし、男に戻った祭里の胸に飛びこむすずの姿を端から眺めていた宗牙は、「花奏すずに相応しいのはお前だ」と祭里を気遣う。

それに対し、動揺を見せる祭里。
異様に自己評価が低いがゆえに、「自分はすずに相手にされないかも」と心中を吐露する。

恋愛下手な祭里は自己評価が低い
(第24話 妖の落としものより)

祭里とすずのようすを見ていればそんな心配をしなくても良いのは明らか。
祓忍としての腕は立てども、恋愛面はポンコツか……と宗牙は呆れる。

しかし、そんな狼狽える祭里の姿を見て、なぜか宗牙はトキメキを覚えてしまった。

なぜかときめく
(第24話 妖の落としものより)

自身に芽生える謎の感情を誤魔化すように、祭里を叱咤激励する宗牙。
「我こそ花奏すずにふさわしいと思える存在を目指せ」
宗牙がそうやってアドバイスをすると、祭里は尊敬のまなざしを浮かべた。

そんな二人の横を、宗牙に仕える妖のポ之助が飛び去る。
手に持つ「何か」を見て、宗牙はポ之介に声をかける。

すると、ポ之介は言い訳をするようにあたふたと動揺をした始めたのだ。

分かりやすい解説をするポ之介
(第24話 妖の落としものより)

焦りによって手を滑らせたポ之介は、升から小豆を地面にぶちまけてしまう。
転がった小豆の先には、オモカゲ姿で歩き回るすずがいた。

すずは小豆はかりと同じ気配のする先を追っていた。
小豆に染み付いた微かな妖気を探し当てたすずを前に、シロガネはすずの持つ素質に大いなる期待を浮かべた。

とはいえ、見つけたのは一粒の小豆のみ。
升一杯に入っていた小豆が転がってきた元にあるだろうと、すずが校舎裏を覗きこむと……

すずが見たものとは……いつもの
(第24話 妖の落としものより)

小豆に足を取られて転んでしまった祭里と宗牙の二人の姿がそこにあった!

宗牙とくんずほぐれつな祭里
(第24話 妖の落としものより)

その光景を見てショックのあまりオモカゲを解除してしまうすず。
目を回しながら「何やってんの!」と叫ぶと、そこは元の補習を受けていた教室に戻っていた。

混乱した結果、補習中に叫んでしまうすず
(第24話 妖の落としものより)

しかし無事、すずは妖の王としての仕事を一つこなすことができたのだった。

すずの協力により落としものが見つかってご満悦な小豆はかり
(第24話 妖の落としものより)

■Dr.漫太郎的チェックポイント

すずへの想いを初めて口に出した祭里

今までは誰かにすずへの想いを伝えることはありませんでした……しかし、好意を持っていることをしっかりと自覚してしまった以上、同じくすずへ好意を向けている宗牙に秘密にしておくのは不義理。恋敵といえど、不公平は認めないという祭里の義理堅さが垣間見えた回でした。

そのくせ、今度は祭里に心移りしてしまっているっぽい先輩はなんというか……

(第24話 妖の落としものより)

■今週お気に入りの1コマ

今週は「ショックを受けるすず」です。
祭里のこと以外は割と冷静なのにも関わらず、起こっている事が事とはいえ、祭里の前になるとすぐ取り乱す、すずちゃんが可愛いですね!

(第24話 妖の落としものより)

というところで今回の記事はここまでです!
次回もよろしくお願いします―。

スポンサードリンク

-週刊連載解説
-, ,

Copyright© 社畜サラリーマンの連載漫画時短解説ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.