あやかし_トライアングル 漫画感想 週刊少年ジャンプ 週刊連載解説

【あやかしトライアングル】第20話 シロガネの想い【画像付きネタバレ感想】

更新日:

記事読了の所要時間:約3分程度




皆さん、おはこんばんちは。
Dr.漫太郎です。

最近あやかしトライアングルが佳境に入ってきていて、やや怪しみを感じております……連載続いてくれ……みんなもアンケートを出してくれ……!

ということで、そんなクライマックスな今週のあやかしトライアングル、感想・考察記事参ります―。

前回の記事はこちら↓

■明かされるシロガネの想い

元の妖の王としての姿を取り戻したシロガネが、すずを背に乗せ想介に立ちはだかる。

すずはシロガネの毛並みを撫でながら、シロガネの封印が取られてしまったことを再確認する。
祭里は倒れ、シロガネの力も戻った今、全員をつなぐ関係は途切れてしまった。

想介は自身の能力「影喰」を露わにしながらシロガネをねめつける。

不気味な口を露わにする想介
(第20話 シロガネの想いより)

それを見て、シロガネはかつて想介と立ち会った際の記憶をたどる。
想介がまだ完全に人としての姿を為していなかった頃、妖怪であるシロガネは想介の能力を前に直接左腕を食いちぎられ、負傷してしまっていた。

かつて立ち会った際、シロガネは重大なダメージを受けていた
(第20話 シロガネの想いより)

そのとき、分が悪いと判断したシロガネは一時撤退し、想介の力に対抗するため、大量の生命力を求めた。
妖巫女であるすずの元に訪れたのは、それを成し遂げるためだったのだと言う。

自在に姿形を変える想介を前に、持ち前の機動性を活かして戦うシロガネ。

初めて見るシロガネのガチバトル!
(第20話 シロガネの想いより)

不用意に近づかぬよう、中距離からの攻撃も織り交ぜつつシロガネは立ち回るが……

強力な妖術を放つシロガネ、しかし……
(第20話 シロガネの想いより)

妖怪であるシロガネの使う術は全て「魄」エネルギーを使用するもの。それを吸収することができる想介には全く通用しなかった。

攻撃の手段を封じられてしまったシロガネは無言で立ちすくむ。
そんな中、すずはシロガネに「早く私を食べて」と提案する。

しかしそれを拒むシロガネ。
「祭里が死んだ途端それか」と落胆するすずを叱責する。

すずを叱責するシロガネ
(第20話 シロガネの想いより)

一連の様子を眺めていた想介はこれをチャンスとにらむ。
わざとすずに向けて攻撃を放つと、狙い通りシロガネはそれを防ごうと体勢を崩す。

そこを狙って想介の影喰が炸裂する。

すずを守るため、想介の攻撃を真っ向から食らってしまう
(第20話 シロガネの想いより)

遠のく意識の中で、シロガネは想う。
かつての人間たちとのつながりを。

妖怪として強大な力を持っていたシロガネは、かつて人間から怯えられ、迫害されていた。
かと思えば、ときに崇められ奉られたときもあった。

自分勝手なことばかりを繰り返す人間たち。
二度と関わるものか、そんな風に考えていたときに出会った祭里たちは、今までの人間とは少し違った。

少しは悪くないかも、そんな風に思えてしまう相手だった。
「だからキライなのだ」そう呟きながら倒れるシロガネ。

倒れるシロガネ
(第20話 シロガネの想いより)

ジリジリと想介はシロガネに近づいていく。
大きな口を開きながら、シロガネを食いつくしてしまおうと宣言したとき、視界の外から力を宿した折り紙が飛翔する。

すずの放つ妖術
(第20話 シロガネの想いより)

それはすずが魄エネルギーを込めて飛ばした「妖術」だった。

画楽から教えられた術で闘うすず
(第20話 シロガネの想いより)

想介を取り囲むように放たれる折り紙。
そうして撹乱している間に、シロガネに自身の魄エネルギーを注入しようとすずは試みる。

しかしシロガネは妖の王。
普通の妖とは異なり、そのエネルギーは絶大なもの。それを全て補おうとすれば、すずといえど相当な時間を要する。

早く逃げろと指示するシロガネに対し、放ってはおけないと拒むすず。

必死にシロガネを治そうとすずは試みる
(第20話 シロガネの想いより)

しかし、いとも簡単にすずの妖術を破った想介が、もうすぐ近くにまで来ていた。
無理やりすずを引きづり出すと、想介はついにすずを喰らおうと試みる。

よもや食べられる寸前!すずはそのとき、祭里を想う
(第20話 シロガネの想いより)

しかしそこに、強大な風が巻き起こる。
すずを取り囲むように吹き荒れた風は、想介を大きく外に引き剥がした。

突如巻き起こる風……この力は……
(第20話 シロガネの想いより)

カラカラと、風に吹かれ回る風車。
巻きあがる煙に隠れ、すずの元に影を落とすその姿は、先ほど死んだはずの祭里の姿だった。

男の姿を取り戻した祭里参上!
(第20話 シロガネの想いより)

佇むその姿はシロガネの術による影響から解き放たれ、本来の姿を取り戻していた。

「決着つけるぜ人妖」
決然とした表情で、祭里は想介に立ちはだかるのだった。

■Dr.漫太郎的チェックポイント

ついに元の姿に戻った祭里

1話ぶりに、完全に姿を取り戻した祭里が登場!風車のシーンといい、「待ってました!」感が絶大でしたね。いざというときに本来の姿を取り戻す主人公(某探偵漫画なんかもそうですが)は、やはり熱いものがあります。TSものというジャンル的な強みもさることながら、バトル漫画としてこういった演出ができるのはあやかしトライアングルならではの強みではないでしょうか。

死んだはずの主人公が生き返るという展開も含め、流れが最高でしたね……

(第20話 シロガネの想いより)

■今週お気に入りの1コマ

今週は「見たことある剣を展開する想介」です。
いやもっとあるだろ、と思われるかもしれませんが、それは本編で記載しているとして、個人的にはこの矢吹先生的に「よく見る剣」が気になりましてねぇ。

(第20話 シロガネの想いより)

というわけで今週はこれにて終了です。
来週もよろしくお願いします―。

スポンサードリンク

-あやかし_トライアングル, 漫画感想, 週刊少年ジャンプ, 週刊連載解説
-, ,

Copyright© 社畜サラリーマンの連載漫画時短解説ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.