あやかし_トライアングル 漫画感想 週刊少年ジャンプ 週刊連載解説

【あやかしトライアングル】第12話 歌川画楽【画像付きネタバレ感想】

更新日:

記事読了の所要時間:約4分程度




皆さんおはこんばんちは、Dr.漫太郎です。

リアルの方が忙しくなってきたもので、また定期更新ができなくなってきました。
定期でできぬとはいえ、遅れようともちゃんと更新はせねばと!今日は夜更かしして進めますよー!

というわけであやかしトライアグル、感想・考察記事に参ります。

前回の記事はこちら↓

■謎の旅人画家、歌川画楽登場!

「妖巫女は知らないけどすずって人間ならよく知ってるっパ」
何気なく川に生息していた河童の妖がそう語る。

話相手は橋の柵に腰掛け、何やら河童の似顔絵を描いていた。
「しがない絵師」を自称するその男は、何やら怪しげな雰囲気を醸す……。

久々の新キャラ登場
(第12話歌川画楽より)

そんな中授業の暇、校舎の陰で祭里と宗牙が何やら話し合っていた。

「花奏すずに惚れてしまった」
宗牙ははっきりとそう語る。

校舎裏で驚きの発言
(第12話歌川画楽より)

第9話のやり取りで、最後は「女神だ」とまで言い切っていた宗牙。
まさかの惚れるというところにまでこじらせてしまったらしい。

第9話詳細は↓の記事で。

祭里にとって、すずは特別な存在であると知っていた宗牙は、筋を通すためにもわざわざ祭里を呼び出し、胸中を告白したのだった。

しかし祭里は宗牙の発言に驚きつつも、「別に家族みてーなもんだしっ」と強がりを見せる。

「……問題ないのだな」
そう言って宗牙が最後の確認を取ると、二人は早速すずの元へと向かう。
(宗牙一人でいけよ……)

向かった先で、すずはシロガネに人間なら18禁っぽいマッサージを行っていた。

すずは完全にシロガネを手中に収めた模様
(第12話歌川画楽より)

「こんにちは二ノ曲先輩」と人相の悪い宗牙にも分け隔てなく挨拶をするすず。
それを見て焦る宗牙、「風巻とともにこれからは俺がお前を守る」そう言おうと口を開くが……

すずもドン引きのこの発言
(第12話歌川画楽より)

と、端折って告白してしまうのだった。
テンパったことによりすずをドン引きさせた宗牙だったが、気が動転するあまりすぐさまそこから逃げ出してしまった。

取り残された二人は呆然としていたが、そんな中、妖を察知する祭里の髪飾りが反応を示す。

校内では、流離の画家、歌川画楽が見学をしていた。
グッとくる題材を探していると言う画楽。案内人として、校内を歩いていた祭里とすずの二人を指名するのだった。

その様子を見て、二人はすぐさま警戒心を抱く。

画楽が妖であることを察する二人
(第12話歌川画楽より)

「妖だ……」
そう呟きながら、祭里は画楽を細かに観察する。
すると画楽は、妖というだけではなく妖気も底知れぬものを持っているという。

校内を案内しながら、すずは単刀直入に問う。
「何で人間に化けてるんですか?」

すると画楽は、すずのことを「妖巫女」と妖しく呟く。
咄嗟に祭里がすずの前に踊り出て守りの姿勢を取る。

しかしながらそれを見た画楽は、祭里をからかうようにスケッチを始めるのだった。

祭里をおちょくる画楽
(第12話歌川画楽より)

スケッチをしながらも、画楽は祭里が性醒流転の術にかかっているという事情すら理解していることを語る。
もちろん、シロガネのことも知っているというのだ。

「なんだ嫌われてるなー。これでもボク、シロガネさんを王として認めてるのに」
その言葉を契機に、懐から何やら怪しげな筆を取りだす。

そして姿勢を改め、二人の元に訪れた本当の理由を明らかにする。

目的を語りつつ、戦いの姿勢を見せる画楽
(第12話歌川画楽より)

同時に、一瞬で床にタコの絵を描き上げる。
「画現術」と画楽が呟くと、地面から大きなタコが実態化し始める。

突如現れたタコ足!
(第12話歌川画楽より)

気がつくと、祭里の身体にまとわりつくように、タコの足が絡みついていた。
身動きのとれぬ祭里は必死に抵抗するも、複数の巨大な足になす術もない。

やっぱりそう使われるのかタコ足!
(第12話歌川画楽より)

そんなとき、ザシュッといった斬撃音とともに、祓装束に身を包んだ宗牙が現れる。

「風巻は俺が守る」
意図せず言ったその言葉をちゃんと実行する形となった宗牙。次号、祭里との共闘が始まる……!

■Dr.漫太郎的チェックポイント

矢吹先生久々の鉛筆画!

ToLOVEるファンには恒例となっていた、単行本のおまけページに描かれた、矢吹先生渾身の鉛筆画が今回見られました!なんだか久々な気がしますが、やはり矢吹先生の鉛筆画はいいですねぇ。ToLOVEるのものに比べるとお色気要素はないですが、これはこれで良きものです……。あやかしトライアングルの単行本でも期待していいと言うことですかね……!

作中では画楽のスケッチという形で登場。

(第12話歌川画楽より)

ということで、今回のあやかしトライアングル感想・考察記事はこれにて終了です。

関係がこじれ始めたすず・祭里・宗牙の三人。
祭里の恋心は果たしてどうなる……!
正直宗牙があの様子じゃどうにもならなさそう。

ということで、また次号もよろしくお願いしますー。

スポンサードリンク

-あやかし_トライアングル, 漫画感想, 週刊少年ジャンプ, 週刊連載解説
-, ,

Copyright© 社畜サラリーマンの連載漫画時短解説ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.