あやかし_トライアングル 漫画感想 週刊少年ジャンプ 週刊連載解説

【あやかしトライアングル】第3話 納得できない【画像付きネタバレ感想】

更新日:

記事読了の所要時間:約3分程度




皆さんおはようございます。Dr.漫太郎です。

今週のジャンプは予想外に土曜発売(配信)でしたね……!
完全に見逃してて、更新が遅れております。

とはいえ祝日とかでもないので合併号にはならないのが救い。
現代を生きるサラリーマンにはジャンプの存在は必要不可欠ですからね!

というわけで、あやかしトライアングル第3話の感想・考察記事、参りましょ~。

前回、第2話の記事はこちら↓

■一生オンナの覚悟……!

良い悪いに寄らず妖を引きつけてしまう体質だということを自覚しないすずに対して、改めて状況を説明する祭里。

人間は「魂」と「魄」でできており、「妖巫女」であるすずは、そのうち「魄」の気が桁外れで、妖が食えば多大なる妖力を得ることができるとのこと。

それを聞いたすずは自分なりの解釈でかみ砕こうとした結果この表情。

甘いもの大好きなすずは自分までも甘いもので例える……?
(第3話 納得できないより)

ダメだこの娘早くなんとかしないと……。

しかし、自分の状況が分かっていないのはすずだけではなく。
祭里もまた、自分がオンナであることに未だ自覚を持てていないのだった。

尿意を催した祭里は、「うーもれるもれる」と呟きながら小走りでトイレに向かうと……。

小が漏れそうな祭里
(第3話 納得できないより)

男子が「風巻って可愛いよなー」と話してる中、堂々と男子トイレの立ちの方に向かってしまうのだった。

キンチョー感がないのは自分も同じだということに気づいていない
(第3話 納得できないより)

体育教師らしい男にそれを見咎められ、説教を受ける祭里。
遠巻きから、その様子を見て前回友達になったヤヨルーたちは面白おかしく笑っていた。

男子トイレのくだりを知っているとは、いつから撮っていたのかルーちゃん……
(第3話 納得できないより)

そんな中、祭里は改めて自分の立場を自覚しようと風呂場にて反省する。

女子の大変さを実感する祭里
(第3話 納得できないより)

そんな風に反省はしつつも、「けっこういいカラダしてるもんな……」とまたもや自分の身体をまさぐり始める。
「ふむふむなるほどなるほど」と一体何をしているのか……。

そこに、外から風呂場の窓をコンコンと叩く音。
ドキッ!と祭りは大きく反応して窓を開けると、その先にはすずの姿が。

夜は妖が活発なんだから気をつけろ、と注意する祭里。
すずはシロガネの力を封じた巻物が心配で、と夜中に訪れたわけを説明する。

「心配するな、いつも懐に持ってるし、未だって風呂場に持ち込んでる」
そう答えた祭里に対してすずは、

目の光を失ったすずもなんだかカワイイ
(第3話 納得できないより)

妖気の煙とともに豹変、ニャンコ先生……もといシロガネへと姿を変えていた。
シロガネがすずに化けていたのだ。

咄嗟に風呂場の巻物を盗んで立ち去るシロガネ。
「おなごが裸では追ってこれまい」とほくそ笑んでいたが、祭里は祓忍具を使ってなんなく変身。そのままシロガネを捕獲してしまうのでした。

祓忍具はやはりなんでもありな模様
(第3話 納得できないより)

一方、本物のすずはというと、自宅にて甘いものを食べながらマッサージ中。
女の子同士はありなのか、と何やら意味深発言……。

自宅にて夜のケア中なすず
しかし机には複数のスイーツを食した形跡が……
(第3話 納得できないより)

受け入れちゃだめ、と必死に自分を律するすず。
その最中、外で何やら騒ぎ声が。

窓からのぞいてみると、捉えたシロガネを祭里が今まさに退治せんとす、という場面であった。

慌てて外に飛び出るすず。
「シロガネを祓ったら祭里がもとに戻れなくなる」そう言って祭里を止めるのだった。

しかし「一生女のままだとしても、人に害を妖を祓うのが俺の役目だ」
そう言って、祭里は躊躇なくシロガネを退治しようとした。

それを身体で止めるすず。

無理やり祭里を止めるすず
ToLOVEるならラッキースケベシーンにつながる
(第3話 納得できないより)

「祭里が一生男子に戻れないなんて、私が納得できない!
そう言って、祭里を説得する。

引く様子のないすずを前に、祭里は仕方なしととある提案をする。
それが……。

ペット化宣言と驚くすず&シロガネ
(第3話 納得できないより)

そう、シロガネペット化宣言なのでした。

■Dr.漫太郎的チェックポイント

すずに対する圧倒的フトモモへのこだわり

前回、妖怪フトモモこすりことヤヨちゃんからのいたずらを受けていたすずちゃんでしたが、今回も矢吹先生のフトモモへのこだわりが見て取れましたね。扉絵のフトモモの描き具合といい、マッサージ中のすずちゃんといい、明らかに足を強調したシーンは素晴らしいの一言に尽きます。すずのむっちりとしたフトモモから伸びるスラリとしたふくらはぎ……国宝では? 

扉絵も足を強調するためのリボン?が巻かれており、セクシーな印象。

フトモモへのこだわりは扉絵でも発揮
(第3話 納得できないより)

引き出されるシロガネの魅力!

矢吹先生のこだわりと言えばデフォルメ猫の可愛さにも現れますね。BLACKCATではタイトルにも猫が含まれているので言わずもがな、ToLOVEるでもたびたび出てきたこのデフォルメ猫。満を持して今作ではメインキャラとなり、その可愛さを全力で発揮してきているといった感じです。次回のペット化により、ネコとしてさらなる魅力を引き出してほしいところ。

巻物もって逃げたり、意外とツッコミもしっかりしていたりで可愛さ満点。

巻物を抱えた飛びあがり方が良き
(第3話 納得できないより)

そしてこのまん丸具合……良い……。

もはや毛玉である
(第3話 納得できないより)

ということで、あやかしトライアングル第3話の感想・考察記事でしたー!
しかしこれを見ると……

髪型と服装からトレインとサヤを思い出しますね……懐かしい。

ではこれにて!第四話も楽しみです!

スポンサードリンク

-あやかし_トライアングル, 漫画感想, 週刊少年ジャンプ, 週刊連載解説
-, ,

Copyright© 社畜サラリーマンの連載漫画時短解説ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.